錦江湾の絶景と料理・ワインを楽しむ「錦江湾美食クルーズ」

熊本からやってきた職人さんたちが鹿児島で石橋を造っていたという話

どうも、僕です◯┐

こちらは八代市東陽町。
石工(いしく)としょうがの街です。
なぜ鹿児島の情報サイトでこちらの街を紹介しているかについてはまたあとでアレします。

IMG 2590

生姜のキャラクターがいるようです。
名称は、謎です。
調べてみると、「しょうがくん」という名前ということがわかりました。
熊本のキャラは圧倒的頂上にいるキャラがおりますのでね。

IMG 2547

物産館にはジンジャーアイスが売っていました。

IMG 2555

しょうがの果肉的なものも入っていて、
しっかりしょうがの味がするわけですが、
美味しかったです。
いい仕事をしてくれるしょうがです。

IMG 2568

物産館のちかくにある「とうよう」というお店ではめっちゃウマい生姜焼きが食えます。

IMG 2573

鹿児島ではあまり見かけないタイプな気がする!
美味そう。

IMG 2581

ひゅー、ウマいです。

IMG 2582

さて、メシも食ったところで、この街のもう一つの見どころ「石工の街」に触れていきます。
石工さんは石材を加工したりそれで何かを組みたてたりする人のこと。またその職業のこと。
この地域には、種山石工と呼ばれる職人集団が暮らしていて、全国で活躍したそう。
特に「めがね橋」と呼ばれる石橋が知られています。

IMG 2560

石工さんの仕事を知ることができる「東陽石匠館(とうようせきしょうかん)」というミュージアムもあります。
石で作られた建物が特徴的です。
施設内は撮影禁止でしたので写真はないのですが、巨大な石橋をどのようにつくっていたかなどの仕組みを知ることができます。

IMG 2614

東陽町には石橋も残っています
アーチ型になっている部分に秘密があります。
昔の人は木で橋を造っていた時代もあり、
強度の高い石橋は大変に重宝されたことと思われます。

IMG 2626

そしていよいよこの記事の本題に入っていくわけですが、
岩永三五郎という人をご存知でしょうか。
かつて鹿児島市の甲突川にかかっていた五石橋(新上橋・西田橋・高麗橋・武之橋・玉江橋)を作った人。
鹿児島に大変ゆかりの深い方なのであります。
ちなみに五石橋のうち、新上橋と武之橋は1993年の8・6水害で流出、玉江橋、西田橋、高麗橋は石橋記念公園に移設されています。
江戸時代に作った橋がここ30年くらい前まで使われていたところを見ると、
すごい技術をもった人たちであることがわかります。

IMG 2646

歴史的経緯(作ったあとに薩摩藩に殺されそうになったり)や8・6水害のあとに色々あったようですが、そこはググってみたりしてみてください。

西田橋は拓本という形で残されています。
2022年3月23日からかごしま県民交流センターに展示されています。

IMG 2848

橋の形をそのまま墨を塗って紙に転写してるので、原寸大です。
めっちゃでかい。

IMG 2840

近くで眺めていると、人の手でやってんだなというのがわかります。

IMG 2853

鹿児島の生活に使われていた橋の話。
ぜひ見に行ってみてねー!

そいじゃあまた!

西田橋の拓本全面公開

日時:3月23日〜3月27日 9:00〜19:00
場所:かごしま県民交流センター 2階大ホール
入場無料

おまけ

IMG 2556
頂点を極めるキャラがふりかけにも
IMG 2589
生姜焼きがおいしい「とうよう」
IMG 2584
定食のしょうがもおいしい
IMG 2585
ごはんオンしょうが焼き
IMG 2612
鹿児島の地名もたくさん見かける「東陽石匠館」
IMG 2605
石匠館はトイレも石造り。
IMG 2610
街の各所に石が使われていました
IMG 2627
これを職人さんたちが手作業でやっていたのかと思いを馳せる
IMG 2628
石橋の上から
IMG 2633
石が段に積まれた公園
IMG 2647
熊本と言えばおべんとうのヒライ
IMG 2650
八代にはこんなお店も
IMG 2652
はちみつタピオカドリンク
IMG 2656
八代から帰りに立ち寄った九州道山江SA
IMG 2657
栗ソフト
IMG 2661
栗まんじゅう
熊本からやってきた職人さんたちが鹿児島で石橋を造っていたという話
熊本からやってきた職人さんたちが鹿児島で石橋を造っていたという話

こちらもどうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!