寿しまどかの「ジャンボえび天の西郷どん味噌ロール」は一食の価値あり!




どうも、僕です◯┐

寿しまどかです。
鹿児島では割とポピュラーな回転寿司屋さん。
鹿児島の回転寿司、1990年代中盤あたりから色々出てきて一般的になったような気がします。
最近では注文するタイプや注文したやつが回ってくるなど、シンプルに流れてるやつを食べるというスタイルは減ってきているような気もします。
ITの力を取り入れているお店も多く「こんな便利なものがあるのか」と思ったりします。

B8778B39 19E1 43D6 9A6F 984B032F42B1

みなさん、それぞれに「マイ回転寿司お作法」的なものがあるのではないでしょうか。
僕は「回転寿司はたまごにはじまり、たまごに終わる」という作法をもってお寿司をいただきます。
特に意味はないです。

むしろ回らない寿司屋でもたまごで始める事が多いです。
ゴチになる際などは、「そんなんでいいの?もっといいの頼みなよ」と油断させて、2貫目で大トロを行くなどといったトリッキーなプレイをすることができます。

やすいし、ウマいし、周りの油断を誘うこともできる。
トリックスター的な存在なのであります。

7A6B6876 D675 4AC4 9570 41AD67AAE9A8

そして、いくら。
最高です。
とにかく頼みます。
場合によっては2枚頼みます。

DD970D0B C641 4CCE B129 6DFEB8DED925

マグロ盛り合わせ。
回転寿司でもテーマ性をもった盛り合わせがあるのが楽しいですね。
店員さんに口頭で頼むときはどうしても渡哲也的「マグロ」で伝えしまいますね。
1C3AAD6F 4440 4634 9F27 7DCFBCCD458D

そして、寿司まどかといえばエビマヨ焼きです。
これは自分の中で密かなブームになりました。
国分に寿司まどかができた頃、通い詰めたものです。

4855446F 0FB6 4B5F 84CD C86740D94B1F

そして、最近はこんなメニューも。
今回の記事で一番みなさんにお伝えしたい、おすすめなのがこちら。
「ジャンボえび天の西郷どん味噌ロール」
であります。
アボガドも入っていたりして賛否ありまくるらしいカリフォルニアロールの逆輸入版のような風貌であります。

・・・ウマい。

デカいエビがどのタイミングでも味わうことができ、天かすがジャンキーな食感を高めてくれます。

なんて僕好みな・・・

最高です、最高です。

37F527BC 307F 4E39 A7A9 69EEA1F93CB5

これは一度食べてみてほしい。

そいじゃあまた!

目次

寿しまどか

場所:鹿児島県鹿児島市中央町1−1

スポンサードリンク




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる